スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤穂浪士

大石内蔵助・堀部安兵衛ら赤穂浪士47士は本所松阪の吉良上野介の屋敷へ討ち入った。 赤穂浪士のアイテムページへのリンク ここはホールのような会場で、椅子に座って聴講するスタイルなので、正座が苦手でもへっちゃらである 

おえどまつり
http://ashita-smile.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-5294.html

向こうが泉岳寺方面、赤穂浪士は両国付近の吉良邸討入り後このルートで凱旋。しかし,「赤穂浪士の討ち入り」となると少し違ってきます。安兵衛は裏門から突入し、大太刀を持って奮戦した 
昔、隅田川の一番下の橋は永代橋でした 永代橋を抜けた後方を振り返ります↓ 

新正堂社長、赤穂観光大使に-「切腹最中の日」も認定 /東京
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100415-00000044-minkei-l13

討ち入りは元禄15年12月。
松平久松隠岐守定直三田中屋敷跡。(写真をクリックすると拡大)。1時間あまりの戦いの末に赤穂浪士は吉良上野介を討ち取り、その本懐を遂げた。赤穂浪士のお墓があることで有名な、あの泉岳寺である。4月から6月の公開講座の予定が決まったということらしい。大河ドラマの名称は、この『赤穂浪士』放送中に、読売新聞が外国の大河小説に倣って、前作『花の生涯』で井伊直弼、今作『赤穂浪士』で大石内蔵助の生涯を描くことから、「大河ドラマ」と呼称したことに由来するのです 12月19日ですから,季節感覚は「冬の陣」です。のかなと思ってしまいます たとえなじみにくくても,赤穂浪士の討ち入りは「1703年1月30日(元禄15年12月14日)」という 佃島の高層マンション群が、黄昏に染まっていきます 
スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。